MENU
ゲーミングマウス

「ZOWIE EC1」詳細レビュー。分解結合難易度はやさしく、中身はシンプルかつ堅実な作り。

この記事はZOWIE EC1について詳細にレビューしていく。

評価:5.0 

「ZOWIE EC1」簡易レビュー。伝統を引き継ぐ最新モデル。海外のプロゲーマーも多く採用している競技特化のゲーミングマウス。この記事はZOWIE EC1について簡単にレビューしていく。 評価:5.0  EC1とEC2は、センサーなどの旧式化が否...

公称値

DPI400 / 800 / 1600 / 3200
ボタン数5個
ケーブル長2メートル
ポーリングレート125 / 500 / 1000 Hz
寸法(mm)128(D)x64(W)x43(H)
ソフトウェア不要

マウスの分解

マウスの分解・改造はメーカーの保証対象外になる可能性有。いかなる損失や損害などの被害が発生しても責任を負いかねます。

ボトムシェル

ソールの裏側に隠されているネジ1本を緩めれば内部にアクセス可能。

トップシェル

トップシェルも各パーツネジ止めされておりさらに分解可能。

ケーブル


ビニールで被覆されており、パラコードケーブルと比較すると弾力に富むためマウスバンジーと併用することをおすすめする。

スイッチ・スクロールホイール

スクロールホイールを回したときの感覚はZOWIE製マウス独特である。この感覚に類似したマウスはZOWIE製以外無い。スクロール時の音はやや大きめ。環境次第ではあるが、マイクに音が載ることがある。
スイッチ類は左右・ホイール・サイドすべてHUANO製スイッチ搭載。サイドスイッチはメイン基板と分離せず一体化。旧式のEC1-A・EC2-Aシリーズと比較して内部構造が若干変更されている。

センサー

公称通りPixart社製 PMW3360センサー搭載

センサーテスト

環境

  • OS:windows 10
  • CPU:Core i9 9900K
  • GPU:RTX 2080 ti
  • マザーボード:Z390 Phantom Gaming 6
  • 使用ソフト:MouseTester ver 1.5.3
  • マウスパッド:QcK Edge(新品)

DPI:400 Polling Rate:1000Hz

xCount

非常に安定した波形である。スパイク・ジャギー・ドロップも確認できない。

xSum

波形が破綻せず、センサーが正確にトラッキングできている。

DPI:800 Polling Rate:1000Hz

xCount

非常に安定した波形である。極微細なスパイクはあるが、ジャギー・ドロップは確認できない。

xSum

波形が破綻せず、センサーが正確にトラッキングできている。

DPI:1600 Polling Rate:1000Hz

xCount

非常に安定した波形である。高DPIになるほどスパイクが発生しやすくなるが、ジャギー・ドロップは確認できない。

xSum

波形が破綻せず、センサーが正確にトラッキングできている。

DPI:3200 Polling Rate:1000Hz

xCount

非常に安定した波形である。高DPIになるほどスパイクが発生しやすくなるが、ジャギー・ドロップは確認できない。

xSum

波形が破綻せず、センサーが正確にトラッキングできている。

まとめ

評価:5.0 

ZOWIEのマウスは実績があり、信頼性のある部品でのみ構成された絶対的に信用できるゲーミングマウスである。シェル形状・表面処理・マウスセンサーなど詳細に見ても明らかである。

スクロールホイールの感覚は各々好みが分かれるが、競技シーンにおいて絶対に失敗しないだろう。

簡易レビュー記事はこちら

「ZOWIE EC1」簡易レビュー。伝統を引き継ぐ最新モデル。海外のプロゲーマーも多く採用している競技特化のゲーミングマウス。この記事はZOWIE EC1について簡単にレビューしていく。 評価:5.0  EC1とEC2は、センサーなどの旧式化が否...
ABOUT ME
Neucom
マウスとマウスパッドを集めてレビューするけどキーボードだけは自作する。