ゲーミングマウス

「PWNAGE ULTRA CUSTOM WIRELESS MOUSE」を簡易レビュー。エルゴノミクス形状でなんと70gのワイヤレスゲーミングマウス。

この記事は“PWNAGE ULTRA CUSTOM MOUSE”について簡単にレビューしていく。

評価:4.0 

PWNAGE ULTRA CUSTOM WIRELESS MOUSE」のイメージは、ZOWIE EC2を軽量、ワイヤレス化したゲーミングマウス。センサーはワイヤレスマウス向けに低消費電力に特化したPixart PAW3335センサーを採用。

筆者は2020年1月にkickstarterにてEXCLUSIVE KICKSTARTER Black + 4 Colorsを注文した。2月に届く予定だったが新型コロナウイルスの影響で中国の工場が停止し、遅延が発生した。

5月にアメリカ合衆国から発送され、3か月遅れで手元に届いた。

詳細レビュー記事はこちら

「PWNAGE ULTRA CUSTOM WIRELESS MOUSE」を詳細レビュー。分解結合は難しく、複雑な作り。この記事は「PWNAGE ULTRA CUSTOM WIRELESS MOUSE」について詳細にレビューしていく。 評価:4.0 ...

PWNAGEとは

アメリカ合衆国カリフォルニア州のゲーミングデバイスやアパレル販売を手掛ける会社。
https://pwnage.com/
https://twitter.com/PwnageOfficial

公称値

センサーPixart PAW3335 Optical
DPI200-16000
ボタン数5つ
ケーブル長2メートル
ポーリングレート(Hz)125 / 250 / 500 / 1000
寸法(mm)120(H)x66(W)x42(D)
重量(g)58-73
ソフトウェア有り

外観

マウス上面

マウスの大きさ・形状はZOWIE EC2によく似ている。有線マウスではあるが、Sharkoon LIGHT2 200TITAN G AIRに酷似している。これらをよく見ると穴の抜き方やマウス内部のクリアランス、ボタン形状等が酷似どころか同じである。シェルは中国の同一工場で作っている可能性が非常に高い。

マウス下面

裏面のスイッチは電源スイッチ。真ん中のニュートラルポジションで電源オフ。スイッチの前後でDPIライトのみ発光とDPIとテールライトの同時発光が選べる。マウスソールはPTFE100%のソールが取り付けられている。
静摩擦係数で比較したときの滑りやすさは
PTFE100% > PTFE99.5%-99.0% > 超高分子量ポリエチレン

マウス全周(ドラッグまたはスワイプで画像を回転可能。)

ハニカムシェル

[spin360 canvas_name = “s1” imgs_folder = “ULTRACUSTOMB1/” imgs_nbr = 17 speed = 0.1]

ノーマルシェル

[spin360 canvas_name = “s2” imgs_folder = “ULTRACUSTOMB2/” imgs_nbr = 17 speed = 0.1]

外箱と内容物

外箱

内容物

[foogallery id=”1808″]

付属品一覧(折り畳みタブ)
  1. 取り扱い説明書
  2. サイドグリップシール1セット
  3. USB type-C パラコードケーブル
  4. 無線レシーバー1個
  5. 交換用マウスソール1セット
  6. 3mm DPIボタン ホワイト
  7. 5mm DPIボタン ホワイト
  8. 3mm DPIボタン ブラック
  9. 5mm DPIボタン ブラック
  10. マウス本体
  11. シェル(クリック部) ホワイト
  12. ノーマルシェル(パーム部) ホワイト
  13. ノーマルシェル(パーム部) ブラック
  14. ハニカムシェル(パーム部) ホワイト

充電ケーブルは柔らかいパラコードケーブルを採用。万が一ゲーム中に充電が切れてもマウスバンジーと併用すれば問題なくプレイを続行できるようになっている。
個人的にはUSB type-Cを採用している。HyperXのPulsefire DartG-wolvesのGM602WLの次にワイヤレスゲーミングマウスでUSB type-Cを採用したモデルではないだろうか。

オプションカラー

[foogallery id=”1823″]

筆者はkickstarterにてEXCLUSIVE KICKSTARTER Black + 4 Colorsを注文した。ボーナスのホワイトとは別にミント・レッド・オレンジカラーのシェルも併せて届いた。現在、PWNAGEのオーダーページから注文すれば、私が入手した5色以外に、イエロー・グリーン・スカイブルー・パープル・ピンクのシェルがラインナップに載っている。

新型コロナウイルスの影響でイエロー・グリーン・スカイブルー・パープル・ピンクのシェルの製造が遅れているため、執筆時点ではまだ注文できないようだ。

バッテリー

省電力モードで66時間。RGB等使用した場合は40時間の連続使用が可能。

重さ

ハニカムシェルを取付けた場合では70g。ノーマルシェルを取付けた場合では73gだ。

握り心地

筆者の手の大きさ(折り畳みタブ)

かぶせ持ち

ZOWIE EC2同様、かぶせ持ちが最も自然にフィットする。日本人の平均的な手の大きさによく合う。

つかみ持ち

つかみ持ちも難なく可能で扱いやすい。

つまみ持ち

EC2では少しだけ慣れが必要だったつまみ持ちも、重量が軽くなったため軽快に扱える。

類似マウスとの比較

EC2

[foogallery id=”1843″]

Mini Skoll

[foogallery id=”1854″]

G Pro Wireless

[foogallery id=”1850″]

VIPER ULTIMATE

[foogallery id=”1858″]

G304

[foogallery id=”1863″]

ギャラリー

[foogallery id=”1879″]

クリック・スクロールホイール音

YouTube

まとめ

評価:4.0 

恐らく中華製の量産シェルを使用しているため、マウス自体の作りも甘いかと思いきや高い完成度で驚いた。

軽くマウスパッドを叩きつけてもスイッチの誤作動もなく、メイン・サイドクリック部の遊びも全くない。作りが甘いマウスはスクロールホイールがガタガタに遊び、斜めになるがこのマウスは遊びもなく垂直を保ち続ける。

マウスを強く握ってもしなったり壊れたりする気配すらない強度だ。軽量化と剛性の両立ができている。

使用感はZOWIE EC2の形状をそのままにワイヤレス・ソール面積を縮小かつPTFE100%を採用したため、より軽快な操作感となっている。

ワイヤレスマウスの入力遅延についてだが、G Pro WirelessやVIPER UlTIMATEと比較しても遜色ないレベルでゲーミング用途に使えた。

  • ZOWIE EC2の形状をそのままにワイヤレス化し、より軽快な操作感を実現。
  • エルゴノミクス形状の数少ないワイヤレスゲーミングマウス。
  • 自分好みのカラーリングに着せ替え可能。
  • 日本国内で入手不可能。
  • 執筆時点ではPWNAGE公式ストアまたはINDIEGOで購入するしか方法がない。
  • ケーブルやサイドグリップなどオプション品も追加購入できるが海外から届くため時間がかかる。

詳細レビュー記事はこちら

「PWNAGE ULTRA CUSTOM WIRELESS MOUSE」を詳細レビュー。分解結合は難しく、複雑な作り。この記事は「PWNAGE ULTRA CUSTOM WIRELESS MOUSE」について詳細にレビューしていく。 評価:4.0 ...
ABOUT ME
Neucom
マウスとマウスパッドを集めてレビューするけどキーボードだけは自作する。