MENU
ゲーミングマウスパッド

ゲーミングマウスパッド HK Gaming「CERES」をレビュー。雑な作りのゲーミング用途に向かないゲーミングマウスパッド。

この記事はHK Gaming「CERES M」についてレビューしていく。

全体評価:1.5  

結論を先に書くと私は購入をおすすめしない。

ストッピング:とても弱い 
アシストほぼなし。鉄板の上でマウスを操作している感覚。

巻き癖:弱い 
開封した時点でほぼフラット。

におい:弱い 
少しだけゴムのにおいがするが、使用に問題ない。

裏面滑り止め:普通 
普段通りマウスを滑走させる時にズレる様子はない。

沈み込み:普通 
JIS K7215・DIN53505・ASTM D2240準拠のC型デュロメーターで44.6ポイント

メーカー公称値

スペック

表面布製
裏面ラバーベース
厚み3 mm
タイプスピードタイプ

HK Gaming CERESのサイズ展開

サイズ寸法(mm)価格(ドル)
S360 x 3009.99
M450 x 40013.99
L600 x 40019.99
XL900 x 40024.99

カラー展開

ブラックとホワイトの2種類を展開。執筆時点では日本国内でブラックのMサイズのみ購入可能。

外観

表面

G Pro Wirelessと大きさ比較
滑走面拡大図

 

他のマウスパッドと比較して、強い光沢感がある。私はあまり見たことがない織り方で水平方向に限りマウス移動は非常に滑らか。しかし垂直および斜め方向への移動は、軽くジョリジョリと感じる抵抗があり、操作性に影響を及ぼす。指の腹で触るとよくわかる癖の強い滑走面である。
上記画像を見てもわかる通り、とにかく滑走面のうねりが酷い。これだけ酷いマウスパッドを使うとLODに悪影響を及ぼす。

裏面

左下にHK Gamingのロゴがある。滑り止めは標準的なラバー加工が施されている。

ステッチ加工

エッジは全周ステッチ加工のはずだが、肝心のステッチ加工にほつれと雑な終末処理があった。察してほしい品質レベル。

硬度

試験条件

  • 測定機:テクロックGS-701N(JIS K 7312準拠)
  • 測定位置:対角+方眼のグリッドラインがマウスパッド上にあると仮定し、線が交差する9か所測定(前のポイントから6ミリ離れて、マウスパッドの端から12ミリ以上内側であることを確認)
  • 測定する9か所で採った数値の平均をとった値を結果とする。

結果

  • JIS K7312準拠のタイプCデュロメーターで最大100ポイント中、44.6ポイント(平均値)。
上記条件はJISで定められた、硬度を正しく測定する方法と大きく異なる。JIS 7312 Kは試験片厚さ10mm以上・5か所の最大値と30秒後のそれぞれの平均値等を測定しなければ素材の正しい測定結果は得られない。上記方法で試験した結果の数値はあくまで個人的な好奇心で調べた参考値でしかなく、製品を保証するものでもない。温度や湿度、製品の個体差などで数値変動があることをご了承頂きたい。

静摩擦係数について

試験条件

μs静摩擦係数=初動の滑り出す力。0に近づくほど摩擦係数が小さい。
いずれの数値も実測値であり製品を保証するものではない。
また、個体差等による数値変動が有ることを考慮してください。

試験片
試験片取付
方眼と対角線の交差点

 

試験結果

平均値
最大値
最小値
レビュー商品参考値
商品名HK Gaming
CERES
QcK
Edge
ZOWIE
G-SR
μs平均値0.1620.1790.192
μs最大値0.2100.2070.228
μs最小値0.1210.1460.152

マウスを滑走させた感覚ではG-SRやQcK Edgeよりも滑ると感じたが、実際に平均値を見てわかる通り静摩擦係数はその2つよりも低かった。

センサーとの相性

環境

  • OS:windows 10
  • 使用マウス:EC2-A(ADNS-3310)・EC2(PMW3360)・XM1(PMW3389)
  • 使用ソフト:MouseTester ver 1.5.3

結果

  • 全センサーのxCountとxSum波形は破綻していない。
  • xSumを見る限りセンサーがトラッキングした軌跡は正しくアウトプットされている。
  • ADNS-3310センサーのxCountグラフ、DPI 800・1600・3200において大きいスパイクが認められる。
  • 実際にマウス3種を滑走させたが、カーソル飛びなどはなかった。
グラフ一覧(折り畳みタブ)

ADNS-3310 DPI400 PR1000Hz

ADNS-3310 DPI800 PR1000Hz

ADNS-3310 DPI1600 PR1000Hz

ADNS-3310 DPI3200 PR1000Hz

PMW3360 DPI400 PR1000Hz

PMW3360 DPI800 PR1000Hz

PMW3360 DPI1600 PR1000Hz

PMW3360 DPI3200 PR1000Hz

PMW3389 DPI400 PR1000Hz

PMW3389 DPI800 PR1000Hz

PMW3389 DPI1600 PR1000Hz

PMW3389 DPI3200 PR1000Hz

まとめ

価格はとにかく安い。安くてデカくてとりあえず事務用途に使えればいいならこれでもいい。しかし、ゲーミング用途にはおすすめできない。滑走面のうねりが酷い。水平方向には導かれるようにとにかく滑るが止まらない。垂直・斜めはジョリジョリ抵抗を感じる一品。

PCゲームはじめたての友達がいたとしても、これは勧めない。

全体評価:1.5  

私は購入をおすすめしない。

ストッピング:とても弱い 
アシストほぼなし。鉄板の上でマウスを操作している感覚。

巻き癖:弱い 
開封した時点でほぼフラット。

におい:弱い 
少しだけゴムのにおいがするが、使用に問題ない。

裏面滑り止め:普通 
普段通りマウスを滑走させる時にズレる様子はない。

沈み込み:普通 
QcK Edgeと比較してやや柔らかい。すぐに復元する反発力を有する。

ABOUT ME
Neucom
マウスとマウスパッドを集めてレビューするけどキーボードだけは自作する。