NINJA RATMAT

試験4日目:NINJA RATMAT メタルマウスソール 菱 -BISHI-

注意事項

  • この記事はNINJA RATMAT様の試作品、メタルマウスソール 菱 -BISHI-製品開発のレビュー記事です
  • 試作品をテストした感想・問題点を挙げています
  • 記載されている文章やコンテンツは追加・変更されることがあります

筆者の環境と設定

  • モニター:Pixio Hayabusa 2(240Hz)
  • OS:windows 10
  • CPU:Core i9 9900K
  • GPU:RTX 2080 ti
  • DPI:800
  • ポーリングレート:500Hz
  • 好みのマウス形状:Endgame Gear XM1・Logitech G Pro Wireless
  • マウスバンジー:CAMADEⅡ divina blue
  • 振り向き360°:34.636センチ(ミドルセンシ)
  • CS:GO 感度設定:1.5
  • CoD:WZ 感度設定:5.0

試験4日目(5月22日)

環境

  • マウスパッド Logicool G640
  • ゲーム CoD:WZ
  • 貼り付け方法 ブレーキタイプ

センサー・トラッキングテスト

DPI 400 ポーリングレート1000Hz

xCount
xSum

DPI 800 ポーリングレート1000Hz

xCount
xSum

DPI 1600 ポーリングレート1000Hz

xCount
xSum

DPI 3200 ポーリングレート1000Hz

xCount
xSum

感想

  • 10時間ほどテスト
  • 動き出しも滑り出しもとてもマイルド
  • とぅるんとぅるんなQck Heavyやストッピングが強いG-SRのちょうど間がほしいならG640との組み合わせがとても良い
  • マウスパッドへのダメージは特になし

動摩擦について

  • 筆者の手の感覚でマウスソールとマウスパッドの動摩擦を比較しました
使用マウスパッド:Logicool G640
滑らか小←動摩擦→大 グリップ
XM1Viper UltimateHatiS2(菱)G Pro
wireless
Realforce
Mouse

※静動摩擦はマウスごとの重量やソールの素材、形状、大きさにも左右されます
※製品個体差などによって変動する可能性もあります

※あくまで個人的な感覚で比較しており、工業用計測機器で試験評価をしておりませんので、確実に保証するものではありません

5日目はこちら

試験5日目:NINJA RATMAT メタルマウスソール 菱 -BISHI-注意事項 この記事はNINJA RATMAT様の試作品、メタルマウスソール 菱 -BISHI-製品開発のレビュー記事です ...
ABOUT ME
Neucom
マウスとマウスパッドを集めてレビューするけどキーボードだけは自作する。