MENU
ゲーミングマウスパッド

X-raypad THORをレビュー。サイズもカラーリングも豊富な超ハイスピード布製ゲーミングマウスパッド。

評価:3.5 

ゲーミングデバイスはすべて消耗品であり、日本国内でいつでも在庫があって適切な価格で販売されていて、すぐに届くものを選ぶほうが最も良い。しかし日本国内で販売していないものはその他地域から購入するしかない。

知る人ぞ知るX-raypad。今回はX-raypadオリジナルのゲーミングマウスパッド「X-raypad THOR」をレビューする。

created by Rinker
X-raypad

スペック

公称値

サイズLサイズから3XLまで7種展開
厚み3mm
素材ポリエステル
タイプスピード&コントロール
裏面滑り止めラバー
ステッチ加工

サイズ展開

カラーや柄にもよるが、最も種類が多いものでLサイズから3XLサイズまで合計10種のサイズが展開されている。(2020/11/07時点)

筆者は『X-raypad Galaxy Thor Fast Speed Cloth Gaming Mouse Pad』のXLサイズ(450x400x3mm)を購入した。

X-raypad様より引用

カラー・パターン展開

X-raypadが取り扱うゲーミングマウスパッドの中でもTHORは最多のカラー・パターンが展開されている。(末尾の数字は2020/11/07時点に展開されているサイズ数を示す。)

THOR Black – 7THOR White – 7
Galaxy THOR – 8Black Galaxy THOR – 8
Pink THOR – 5Cherry Blossom THOR – 5
Gray-Black THOR – 8Fairy THOR – 7
Green Black THOR – 2Custom THOR – 10

 

X-raypad様より引用

COUSTOM THOR

COUTOM THORはマウスパッドの表面にオリジナルの画像をプリントし、世界にひとつしかないのあなただけのTHORや、チームや企業ロゴをプリントしたTHORを作ることができる。サイズ展開が最も豊富(2020/11/07時点)でステッチの有無やカラーなど選べる。

梱包・表面

中国からフラットな段ボールに梱包されて届く。中身は透明のフィルムに収められており簡易的な包装。フラットなまま届いたので開封時点で巻き癖は一切ない。うねりや折れ目など外観的な不具合は一切確認できない。開けてすぐに使用可能だ。

マウスパッドの端のステッチは丁寧に縫製されており、柔らかい手触りである。全周見渡してもほつれや破れは一切見当たらず良い作り。肌に触れても痛さを感じない。

表面拡大・厚み

滑走面の手触りと光沢は水着素材などに採用されている合成繊維によく似ている。生地は緯編生地。繊維方向(横方向)へ撫でると導かれるように滑らかに進むが、繊維に逆らう方向(縦方向)へ撫でるとかなり強い抵抗を感じる。トラッキングについては後述する。厚みは公称値は3.0mmで、実測値で3.0mmであった。

裏面

裏面はゲーミングマウスパッドでよく見るいつもの滑り止めラバー。タイ王国で採れた天然ゴムを用いており、環境にやさしいと謳っている。マウス操作中はあまりずれないが、指の腹で軽く押すと容易にずれてしまう。

静摩擦係数・硬度

硬度測定

  • 測定機:タイプC・テクロック GS-701N(JIS K 7312準拠)。
  • 測定点数:押針の接触点が6mm以上離れた位置で5回測定する。
  • 測定方法:測定位置に測定機を真上から押し当て密着後直ちに読取。
  • 測定結果のまとめ方:5点測定の中央値に試験の種類またはその記号を付して表す。
    • (例.HsC50:タイプC硬さ試験で加圧面が密着した直後の硬さの読みが50であることを示す。)

数値は0に近づくほど柔らかい。上記条件はJISで定められた、硬度を正しく測定する方法と大きく異なる。JIS K 7312においてタイプCでは試験片厚さ10mm以上・すべて同一素材で構成されていることなど規格で定められた方法で測定しなけらば精確な測定結果は得られない。上記方法で試験した結果の数値はあくまで筆者の興味で調べた参考値であり、製品を保証するものでもない。また温度や湿度、製品の個体差などで数値変動があることをご了承頂きたい。

静摩擦係数測定

  • 測定機:新東科学株式会社ポータブル摩擦計「TYPE:94i-II
  • 試験片:Hyperglide MX-2 (PTFE100%)
  • 測定位置:対角+方眼のグリッドラインがマウスパッド上にあると仮定し、線が交差する9か所。
  • 測定方法:水平で安定した場所にマウスパッドを置いて、下に示す9か所を縦・斜め・横の方向別に測定しそれぞれの平均値を計算。

静摩擦係数=初動の滑り出す力。0に近づくほど滑り出しやすい。いずれの数値も個人が計測した値であり、また個体差等による数値変動が有るため製品を保証するものではない。

結果

マウスを頻繁に動かす横方向(X)の静摩擦係数平均値は0.099。縦方向(Y)の静摩擦係数平均値は0.164。その差異は非常に大きい0.065。方向別の滑り心地の差は手の感覚でも“かなり強く”感じ取れた。硬度は中央値でHsC55でありや若干硬い。

他製品と比較

X-raypad THORの横方向(X)への静摩擦係数平均値は0.099という値は、布製ゲーミングマウスパッドの中でかなり低い値である。同じスピードタイプに属するXtrfy GP1よりもさらに低い。スピードタイプとして申し分ない性能を有するゲーミングマウスパッドである。

初動がかなり軽く、中間層が少し硬いためマウスがあまり沈まずストッピングアシストを得にくい。滑走中は繊維方向(横方向)に沿って動かしていけば、軽い力で滑らかに滑り続けていく。これよりも低いマウスパッドとなるとハードタイプのRazer ACARIなどだろうか。

超低摩擦。Razer ACARI まるでマウスが宙に浮いているかのような滑走面。この記事は“Razer ACARI”ついてレビューしていく。 先に書いておく。このマウスマットは素晴らしい。静摩擦係数が驚異的に低...

センサーとの相性

環境

  • OS:Windows 10
  • 使用ソフト:MouseTester ver 1.5.3
  • DPI400/800/1600/3200に設定し測定。
  • 特に記述がない限りポーリングレートは1000Hz固定。

使用マウス

マウスやマウスパッドの個体差、使用環境、ファームウェアバージョンなど様々な要素で結果が変動する。またあくまでも出力されたデータが100%正しいものではなく、そして製品を保証するものではない。

created by Rinker
VAXEE
¥6,990
2020/10/22 17:10:23

結果

  • PixArt社製センサー3310・3360・3389およびLogicool製HERO25Kセンサーは安定した波形でノイズも特になく精確なトラッキングを示している。
  • 全センサーとも異常無しであり、96時間実際に使用している途中でもカーソル飛びなど致命的な不具合は確認されなかった。
  • すべての画像はScrapboxに保存している。気になる方はリンクからどうぞ。Scrapbox X-raypad THOR

EC2 PixArt社製PMW3360センサー

本音のまとめ

X-raypad THOR
使用感・まとめ
X-raypad THORはスピードではなくハイスピードな、光沢のある滑走面が特徴的。 数多くあるスピードタイプを謳う布製ゲーミングマウスパッドの中でTHORはトップクラスに滑る。まるで氷の上でマウスを動かしているかのように軽い力ですばやく滑る。中間層がやや硬めであり、THOR自体はストッピングアシストをほぼ提供しない。マウスを止めるにはマウスを握るその“手”が唯一の手段である。 滑りやすいことは疲れにくいことと直結すると思っていたが、滑りすぎてマウスの挙動を制御する必要があるため手が疲れやすかった。 THORは縦横共に繊維方向の癖が非常に強く、横方向へ指の腹で撫でるとそれ以外の方向への移動は絶対に許されないほど強烈に導かれる。縦方向へ撫でると強烈な抵抗を感じ、指紋と繊維とで引っ掛かり続ける。 ただでさえトップクラスに滑るのに、マウスを動かす方向によって必要な力が大きく異なってくるため、X-raypad THORは万人受けするゲーミングマウスパッドではない。普段プレイするゲームの種類や目的、相性などが合致したときに真価を発揮する。
使いやすさ:使用目的や相性に左右される
中間層:やや硬い
ストッピング:ほぼない
におい:なし
価格設定:非常に安い
入手難易度:中国から輸入
コストパフォーマンス:優れる
良い点
非常に安く、サイズ・カラー展開が豊富。
オリジナルのカスタムパッドも作れる。
主要センサーでトラッキングについて異常は確認されなかった。
スピードタイプを謳うゲーミングマウスパッドの中で最もよく滑る。
布製ゲーミングマウスパッドの中で静摩擦係数が極端に低い。
気になる点
縦横の繊維方向の癖が強い。
万人受けするタイプのゲーミングマウスパッドではなく、使用目的が決まっていて使用者との相性が合致すれば真価を発揮する。
中国から輸入するしかなく、入手方法が限られている。
日本国内ですぐに入手できる消耗品と比較して優位性がない。
3.5
X方向μs(平均値)0.099
購入先
ABOUT ME
Neucom
マウスとマウスパッドを集めてレビューするけどキーボードだけは自作する。